物忘れがひどくなった時の対策とは|認知症レスキュー

Menopause of women

会話を増やしていく

認知症の症状は脳の働きが劣化することが挙げられます。劣化を抑えるためには、しっかりとコミュニケーションを取っていくことが必要であると考えられます。会話を行っていくことによって、脳の働きを活性化させていくことが出来ます。受け答えを行なう際にもよく考えるようになるので、記憶や考える力を維持することが出来るでしょう。なお、認知症になってしまうと会話を聞き取るのが困難になってしまうことがあります。ゆっくり話しかけていくことによって、話の内容をしっかり把握することが出来ます。そのため、コミュニケーションをしっかり取っていくことができ、本人も不安を感じること無く会話を進めていくことが出来ます。

認知症になってしまうと、病気になってしまったことに対してプライドが傷ついてしまう事があります。自尊心を維持させるためには、褒めてあげることが必要になります。小さいことでもしっかり褒めていくことによって、自信に繋げていくことが出来ます。強く行ってしまったり、心を傷つける言葉をかけてしまうと、強いストレスを感じ症状が更に悪化してしまう可能性があります。このような事が無いためにも日頃から言動や振る舞いに対して注意しておくことが大切であると言えます。

▲ PAGE TOP