物忘れがひどくなった時の対策とは|認知症レスキュー

Menopause of women

現代病

若者の間で問題になっている病気

近頃では、若者の間でデジタル認知症が問題になっています。この症状は、スマホを長時間使いすぎて記憶力が低下することです。たとえば、大切な友人の誕生日を忘れたり、通い慣れているはずの道に迷うこともあります。その他にも、自宅の電話番号や慣れ親しんだ人の名前を忘れてしまうこともあります。なので、仕事などにも支障が出てきます。 スマホを長時間使うと、右脳が基本的に使わなくなります。この右脳というのは集中力に関係しているので、注意力や記憶力に影響を及ぼしてしまいます。そして、デジタル認知症の症状を放置すると、若年性認知症を引き起こす恐れもあります。その他にも、まだ脳の未発達の子供がスマホを使いすぎると、感情も未発達になりやすいです。なので、早期に改善する必要があります。

デジタル認知症を改善するには、いくつかの方法があります。まずは、家の中でスマホを持ち歩かないことです。スマホは、家の中の決まった場所に置いておく習慣を身に付けると良いです。そうすることで、少しずつスマホから依存をすることができます。 その他の改善の方法は、読書や手芸など自分が没頭できる趣味を見つけることも大事です。人というのは、暇になるとついつい無意識にスマホを使ってしまいます。そうならないためにも、ほかに有効に使える時間を増やすことが大事です。 その他の対策としては、毎日のスケジュールに手帳を使うことです。スマホにも機能がありますが、それを利用するとついつい他の機能もいじってしまいます。なので、古典的な手帳を利用すると、ネット依存を解消できるます。

▲ PAGE TOP